読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【倉本匠馬】チャンピオンズC展望

f:id:riron0625sika:20161202010839j:plain

【競馬予想GP】

こちらは株式会社クラウズ運営の競馬予想販売サイト・アプリ『競馬予想GP』の公式ブログです。中央競馬だけでなく、地方競馬も網羅。今井雅宏や競馬予想TVお馴染みの高柳誠二など総勢20名以上の若手・ベテラン予想家たちによる予想を購入できます。こちらでは予想家やコラムの更新情報、的中情報、スタッフブログなどを掲載します。

 
アプリダウンロード
Appstore
https://itunes.apple.com/jp/app/jing-ma-yu-xianggp/id514529424?mt=8
Googleplay
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mynavi.android.keibagp

f:id:riron0625sika:20161202010903p:plain

 

こんばんは!
倉本匠馬です!

今週はダート中距離路線・最強馬決定戦であるチャンピオンズCが行われます。
ダート路線無敗のアウォーディーノンコノユメコパノリッキーなどの参戦で楽しみな一戦となりそうです。

そして、今回はチャンピオンズCから8頭にピックアップし、現時点での評価付きで取り上げています。
また、木曜日にはチャンピオンズCの特別コラムも更新予定ですので、よろしくお願いします。


①チャンピオンズC当日の想定馬場
→良馬場

②現時点における想定ペース
→ミドルペース


1.アウォーディー(武豊騎手)
斤量:57キロ

前走のJBCクラシックは外から有力馬を交わしに行く素晴らしい内容での勝利で、着差以上に実力差を感じるようなレースであった。
また、ダートに替わって6戦6勝と全く底を見せておらず、計り知れないほどのパワーを持った馬である。
ゆえに、自在性が生きる中京の舞台もプラスに働きそうで、もちろんここも勝ち負けが期待できる1頭であろう。

現時点での評価
B

2.アスカノロマン(和田竜騎手)
斤量:57キロ

前走のみやこSは自分の得意な形に持ち込めない大敗で、決して力負けによるモノではなかった。
ただ、春の内容を見てもG1で勝ち切るほどのパンチ力はない印象で、現時点では重賞勝ちがやっとである。
また、モンドクラッセやタガノトネールなど明確な逃げ馬がいるメンバー構成でもあるので、前回同様にやや厳しい競馬が強いられそうだ。

現時点での評価
D

3.アポロケンタッキー(松若騎手)
斤量:57キロ

前走のみやこSは斤量56キロの恩恵があったものの、外から差し切る素晴らしい内容で、2走前の雪辱を果たす結果であった。
ただ、G1ではワンパンチ足りない印象で、外から捲る競馬がこのメンツ相手にも通用するとは決して思えない
ゆえに、前走の内容を評価しつつも、ここは相手候補の1頭までに留めておくのが妥当であろう。

現時点での評価
D

4.コパノリッキー(ルメール騎手)
斤量:57キロ

前走のJBCクラシックは出遅れが大きく響く5着で、自分の形に持ち込めなければ脆いタイプである。
また、今回は明確な逃げ馬が多いメンバー構成で、中京1800mの舞台も決して合うとは言えない。
さらに、手がイマイチ合いそうにないルメール騎手への乗り替わりもプラスではない事を考えると、今回に関しては評価を落としたい1頭である。

現時点での評価
D

5.ゴールドドリーム(Mデムーロ騎手)
斤量:56キロ

前走の武蔵野Sは直線でぶつかる不利などを退けての2着で、休み明けで古馬初対戦を考えると悪くない内容であった。
ただ、今回はさらにメンバーが強くなる上に、中京1800mは距離が長い印象でプラスになる点は一つも見られない。
したがって、Mデムーロ騎手騎乗で過剰人気が予想される点から見ても、今回は無印評価でいきたいと考えている。

現時点での評価
E

6.サウンドトゥルー(田辺騎手)
斤量:57キロ

前走のJBCクラシックは最大限力を発揮しての3着で、川崎コースでは限界を感じる内容であった。
ただ、今回は直線の長い中京へのコース替わりで、前が崩れるような展開となれば一発あっても不思議ではない。
したがって、枠や展開、当日の馬場状態などを含めた上で相手候補にすべきかどうか最終的な判断を下したい。

現時点での評価
D

7.タガノトネール(田辺騎手)
斤量:57キロ

前走の武蔵野Sは自分の得意な形から最大限力を発揮できるレース運びで、田辺騎手の好判断もある勝利であった。
ただ、今回はコーナー4つのコース形態に加えて200mの距離延長も微妙な舞台で、プラスに転じる要素がないのが本音である。
ゆえに、前走の勝利を素直に認めつつも、今回はさすがに相手候補の1頭までが限界である。

現時点での評価
D

8.ノンコノユメ(ムーア騎手)
斤量:57キロ

前走のJBCクラシックは休み明けながら悪くない4着で、G1でも通用する力を改めて見せる内容であった。
また、今回のような前が早くなりそうなメンバー構成もプラスに働きそうで、ムーア騎手に乗り替わって一押し効いても不思議ではない。
ゆえに、相手候補の1頭としては必ず取り上げたい馬で、展開一つでチャンスが必ずあるだろう。

現時点での評価
D

今回も人気に支持されそうな馬を中心に8頭ピックアップした。
基本的には圧倒的にアウォーディーが抜けている印象で、自在性のある競馬を考えると大きく崩れると考えづらいのが本音である。
また、相手も限られており、堅い決着が予想されるので絞った馬券で中波乱を狙いたい。

チャンピオンズC予想は『主戦場後半レース』、『自信の4レース+重賞レース』で公開しますので、よろしくお願いします。

 

f:id:riron0625sika:20161202010526p:plain