読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倉本匠馬・朝日杯FS展望

f:id:riron0625sika:20161215114531j:plain

【競馬予想GP】
こちらは株式会社クラウズ運営の競馬予想販売サイト・アプリ『競馬予想GP』の公式ブログです。中央競馬だけでなく、地方競馬も網羅。今井雅宏や競馬予想TVお馴染みの高柳誠二など総勢20名以上の若手・ベテラン予想家たちによる予想を購入できます。こちらでは予想家やコラムの更新情報、的中情報、スタッフブログなどを掲載します。
 
アプリダウンロード
Appstore
https://itunes.apple.com/jp/app/jing-ma-yu-xianggp/id514529424?mt=8
Googleplay
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mynavi.android.keibagp

f:id:riron0625sika:20161215114400p:plain

 

こんばんは!
倉本匠馬です!
 
今週は2歳牡馬最強決定戦である朝日杯FSが行われます。
ミスエルテなどの参戦によって非常に楽しみなレースとなりそうで有馬記念に向けても良い勢いをつけたい一週間となりそうです。
 
そして、今回は朝日杯FSから8頭にピックアップし、現時点での評価付きで取り上げています。
また、木曜日には朝日杯FSの特別コラムも更新予定ですので、よろしくお願いします。
 
 
朝日杯FS当日の想定馬場
→良馬場
 
②現時点における想定ペース
→ミドルペース
 
 
1.アメリカズカップ(松若騎手)
斤量:55キロ
 
 前走の野路菊ステークスは3番手から押し切る強い競馬も、相手関係に恵まれた感が大きく評価が難しい所である。
また、デビュー後2走を見ても器用なタイプとは言えず多頭数で行われるG1だと揉まれて不安がありそうである。
したがって、もちろん相手候補の1頭としては取り上げたい馬であるが、それ以上に評価を与えることは現時点において考えていない。
 
現時点での評価
D
 
2.サトノアレス(四位騎手)
斤量:55キロ
 
 前走のベゴニア賞は内をロスなく運ぶムーア騎手の好騎乗が光る内容で、素晴らしい勝利であった。
ただ、今回はメンバーが急激に強くなる上に四位騎手への乗り替わりは大きなマイナスで、底を見せていない点は確かであるが評価しづらい。
また、初めての輸送を考慮しても厳しい戦いが強いられそうで、相手候補の1頭までが妥当であろう。
 
現時点での評価
D
 
3.タガノアシュラ(武豊騎手)
斤量:55キロ
 
 前走の黄菊賞は大逃げから押し切る競馬で、2000mの距離には不安を覚える内容も見事なレース運びであった。
また、1600mへの距離短縮もプラスに働きそうで、先行力のある競馬も魅力的である。
ただ、揉まれて不安がある事と先行馬が比較的多いメンバー構成なので、前が止まる展開になると厳しい戦いが強いられそうである。
 
現時点での評価
D
 
4.ダンビュライト(ルメール騎手)
斤量:55キロ
 
 前走のサウジアラビアロイヤルCはプレスジャーニーに敗れる2着も、3着以降を突き放す競馬で一定の評価を与えることができる内容であった。
また、今の阪神の馬場状態もプラスに働きそうで、やや器用さに欠ける点があるものの外目から押し切る底力もある馬である。
したがって、枠や展開次第では本命候補の1頭で、週半ばの雨の状況や金曜日発表される枠順などを見た上で最終的な判断を下したい。
 
現時点での評価
C
 
5.トラスト(柴田大騎手)
斤量:55キロ
 
 前走の東スポ杯2歳Sは2番手から絶好の形も最後は止まってしまう5着で、思っていた以上に走れなかった印象である。
また、今回は更にメンバーが強くなる上に多頭数で、前が崩れやすいメンツが揃っている。
ゆえに、叩き2走目でのレースも厳しい戦いが強いられそうで、場合によっては無印評価も検討している1頭である。
 
現時点での評価
D
 
6.ミスエルテ(川田騎手)
斤量:54キロ
 
 前走のファンタジーSは出遅れの形から大外一気で差し切り、一見強い競馬であるような勝ち方であった。
ただ、前走は馬場や相手関係に恵まれており、底を見せていない点は確かであるが過大評価は非常に危険である。
ゆえに、枠次第では馬券を外す可能性もありそうで、人気以上に評価したくない1頭と言えるだろう。
 
現時点での評価
D
 
7.モンドキャンノ(バルザローナ騎手)
斤量:55キロ
 
 前走の京王杯2歳Sは外枠と休み明けを物ともしない勝利で、レーヌミノルを差し切った点は素直に評価できる内容であった。
また、前走こそ出遅れたが2走前のような競馬も可能で、スタートさえ決まれば自在性のあるレース運びもできるタイプである。
ゆえに、叩いた上積みや相手関係を考えても、最も勝ちに近い存在で距離さえ克服できれば勝ち負けになるだろう
 
現時点での評価
C
 
8.レットアンシェル(シュミノ騎手)
斤量:55キロ
 
 前走のもみじSはロスなく運ぶ見事なレース運びで勝利し、2戦2勝でG1に挑むことになる。
ただ、前走は相手関係などに恵まれた点が大きく、今回のレースが試金石となりそうである。
また、2ヶ月の休養明けでのレースとなるので、体調面には最大限注意した上で枠や展開などを見極めながら印を決めたい1頭である。
 
現時点での評価
D
 
今回も人気に支持されそうな馬を中心に8頭ピックアップした。
ここはミスエルテの過剰人気が予想されるが、人気以上に微妙な評価が妥当で勝ち切るほどの絶対的な力があるとは思えない。
そうなれば、京王杯2歳Sを制したモンドキャンノやダンビュライトが優勢となりそうで、ここに取り上げなかった馬に面白い穴馬がいるのでその馬をヒモ荒れ狙いで勝負したい。
朝日杯FSの予想は『主戦場後半レース』、『自信の4レース+重賞レース』で公開しますので、よろしくお願いします。
 

f:id:riron0625sika:20161215114425p:plain