読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASATY・朝日杯FSコラム

f:id:riron0625sika:20161217200140j:plain

【競馬予想GP】
こちらは株式会社クラウズ運営の競馬予想販売サイト・アプリ『競馬予想GP』の公式ブログです。中央競馬だけでなく、地方競馬も網羅。今井雅宏や競馬予想TVお馴染みの高柳誠二など総勢20名以上の若手・ベテラン予想家たちによる予想を購入できます。こちらでは予想家やコラムの更新情報、的中情報、スタッフブログなどを掲載します。
 
アプリダウンロード
Appstore
https://itunes.apple.com/jp/app/jing-ma-yu-xianggp/id514529424?mt=8
Googleplay
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mynavi.android.keibagp

f:id:riron0625sika:20161217200202p:plain

 

皆さん、こんにちは!
先週の阪神ジュベナイルフィリーズは、3番人気の◎レーヌミノルを本命、3着で3連複的中!ということになりましたが、人気2頭が強い競馬でワンツー。人気通りの固い決着に終わり、完全なトリガミ…。これでは出る幕なしでしたね。
さて、今週は朝日杯フューチュリティステークス。今週こそ、昨年・一昨年のような荒れた決着を期待しましょう!

朝日杯フューチュリティステークス
さて、今週はのピックアップレースは朝日杯フューチュリティステークスです。開催競馬場が阪神に替わって3年目。過去2年間で6番人気以下から馬券に絡んだ馬をピックアップして分析してみます。2014年14番人気2着のアルマワイオリ2015年11番人気3着のシャドウアプローチです。

① 血統
昨年は人気のキングカメハメハ産駒のワンツー(リオンディーズエアスピネル)、一昨年は人気のディープインパクト産駒が1着(ダノンプラチナ)ですから、基本的にはクラシック戦線で活躍する一線級の血統が有利ということになります。
しかし、上記2頭については、マツリダゴッホ産駒(アルマワイオリ)とジャングルポケット産駒(シャドウアプローチ)ですから、主流から離れた血統で穴馬を狙うことができるとも言えます。この2頭の血統における共通項は、ズバリ「母父ノーザンダンサー系」です。アルマワイオリの母父はダンチヒ系のピルサドスキーで、シャドウアプローチの母父はフレンチデピュティです。フレンチデピュティ系については、2014年の3着馬クラリティスカイクロフネ産駒ですから(父系ですが)これも適合しますね。

② ローテーション
上記2頭は、いずれも2走前に芝1400mのオープン特別を使って速い上がりを使っての1着。前走は重賞で、前につけて(どちらも3番手)惜敗(4着・3着)しています。そして、本番ではどちらも、前走より位置取りを下げて追い込み、速い上がりで穴を開けています。
あくまで穴馬の一つのパターンですが、「2走前に芝1400mのオープン特別速い上がりで1着→前走芝の重賞で先行して惜敗」のステップを踏んだ馬は、2年連続で大穴を開けていることをチェックしておきたいですね。

③ 脚質
②で述べた通りですが、上記2頭は近2走で上がり3位以内の末脚と3番手以内先行をどちらも経験しているという共通点があります。この時期のレースでは、経験値がものをいうことも多いので、武器にはなるでしょう。

最終結論は、土曜深夜の「予想」の中で。今週も渾身の予想をご期待下さい!

 

f:id:riron0625sika:20161217200237p:plain