読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【倉本匠馬・中山記念重賞展望】~アンビシャスやリアルスティールなど人気上位8頭の評価とは!?~

f:id:riron0625sika:20170223103642j:plain

 

 

【競馬予想GP】
こちらは株式会社クラウズ運営の競馬予想販売サイト・アプリ『競馬予想GP』の公式ブログです。中央競馬だけでなく、地方競馬も網羅。今井雅宏や競馬予想TVお馴染みの高柳誠二など総勢20名以上の若手・ベテラン予想家たちによる予想を購入できます。こちらでは予想家やコラムの更新情報、的中情報、スタッフブログなどを掲載します。
 
アプリダウンロード
Appstore
https://itunes.apple.com/jp/app/jing-ma-yu-xianggp/id514529424?mt=8
Googleplay
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mynavi.android.keibagp

 

f:id:riron0625sika:20170223102848p:plain

 

こんばんは!
倉本匠馬です!

今週はG1がいったん一休止し、全部で3つの重賞が行われます。
中山記念阪急杯など高松宮記念大阪杯など大きなG1に向けて重要な一戦が続き、非常に楽しみな週末となりそうです。

そして、今回は中山記念から8頭にピックアップし、現時点での評価付きで取り上げています。
また、木曜日には特別コラムを更新する予定ですので、よろしくお願いします。


中山記念当日の想定馬場
→良馬場

②現時点における想定ペース
→スローペース


1.アンビシャス(ルメール騎手)
斤量:57キロ

 前走の天皇賞(秋)は荒れた内を突く大胆な騎乗もさすがに最後は止まってしまい、残念な4着であった。
ただ、昨年の中山記念ドゥラメンテを追い詰めているように重賞では常に上位の存在で、ハマった時の爆発力は脅威的である。
したがって、4ヶ月の休み明けであるが注意が必要な1頭で、開幕週の馬場状態次第では相手上位候補も検討したい。

現時点での評価
D

2.ヴィブロス(内田博騎手)
斤量:54キロ

 前走の秋華賞は福永騎手が完璧な騎乗を見せる勝利で、直線での伸び脚は素晴らしいモノであった。
ただ、昨年の秋華賞シンハライトなどの離脱で相当レベルが下がっており、決してレベルの高いレースではなかった。
また、次走のドバイに向けての叩き台であることを考えると、好メンバーが揃ったここでは厳しい戦いが強いられるだろう。

現時点での評価
D

3.クリールカイザー(石川騎手)
斤量:56キロ

 前走のAJCCは直線手前で既に手応えが悪い状態での敗戦で、全くレースにならない12着であった。
また、今回は同型マイネルミラノの存在が気になる所で、レベルの高い重賞では正直言って通用する力はない。
さらに、斤量面でも恩恵がないことを考慮すると今回は無印評価が妥当で、次走以降の活躍に期待したい。

現時点での評価
E

4.ツクバアズマオー(吉田豊騎手)
斤量:56キロ

 前走の中山金杯は外目から差し切る見事なレース内容で、着差以上に他馬を圧倒する重賞初制覇であった。
また、今回は有力馬が軒並み休み明けや海外帰りで、斤量2キロの恩恵があることも相当アドバンテージと言える。
ゆえに、脚質的に勝ち負けまでは厳しいものの2.3着であればチャンスがある馬なので、相手候補の1頭として注目したいところである。

現時点での評価
D

5.ヌーヴォレコルト(岩田騎手)
斤量:54キロ

 前走の香港ヴァーズは常に外を回る競馬と遠征が続いた影響もあり、直線での激しい競馬も響いた4着であった。
また、今回は海外帰りでのレースであるが、斤量54キロでの出走は有利で京都記念スマートレイアーのようなイメージが持てる馬である。
したがって、自在性がある面を見ても開幕週の馬場状態も問題なくこなしそうで、現時点においては本命候補の1頭としても検討したい馬である。

現時点での評価
C

6.ネオリアリズム(Mデムーロ騎手)
斤量:57キロ

 前走の香港マイルは明らかに体調面に問題があった印象で、力を出し切れていない残念な大敗であった。
また、今回は海外帰りと距離延長の二つの要素が揃っており、Mデムーロ騎手でスタート難も気になるポイントである。
ゆえに、相手候補としては取り上げたい馬であるが、体調面や枠順などを踏まえた上で最終的な評価を決めたい。

現時点での評価
D

7.リアルスティール(戸崎騎手)
斤量:58キロ

 前走のジャパンカップは外目追走から良い脚を使ったが、最後にバッタリ止まった印象でやはり距離が若干長い感じがする5着であった。
また、今回は不得手な右回りにおけるレースで、じっくり構えるタイプの戸崎騎手との相性が合うとは思えない。
したがって、実力はもちろん評価しているものの、次走への叩き台であることを含めてここは評価を落としたい1頭である。

現時点での評価
D

8.ロゴタイプ(田辺騎手)
斤量:58キロ

 前走の香港マイルはロスなく運ぶ競馬に恵まれた印象で、絶好の競馬から伸び切れない辺り実力不足を感じた。
また、海外帰りと斤量58キロの厳しい条件が揃っており、相性の良い中山競馬場と言えども推せる要素が見当たらない。
ゆえに、押さえの1頭として検討したいが、外枠を引いた場合には無印評価も考えたい馬である。

現時点での評価
D

 今回も人気に支持されそうな馬を中心に8頭ピックアップした。
リアルスティールやアンビシャスなど昨年の秋、中山記念で好走した馬に注目が集まりがちであるが、斤量が重い今回は落とす可能性が高そうで、絶対的な信頼は置けない。
やはりそうなると、ツクバアズマオーやヌーヴォレコルトの躍進がありそうで、中波乱もあり得るレースとなりそうである。
中山記念の予想は競馬予想GPの『主戦場後半レース』、『自信の4レース+重賞レース』で公開しますので、よろしくお願いします。

 

f:id:riron0625sika:20170223102859p:plain