読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【倉本匠馬・中山記念回顧】勝ち馬・ネオリアリズムの評価とは?次走注目馬も!

f:id:riron0625sika:20170227171101j:plain

 

【競馬予想GP】
こちらは株式会社クラウズ運営の競馬予想販売サイト・アプリ『競馬予想GP』の公式ブログです。中央競馬だけでなく、地方競馬も網羅。今井雅宏や競馬予想TVお馴染みの高柳誠二など総勢20名以上の若手・ベテラン予想家たちによる予想を購入できます。こちらでは予想家やコラムの更新情報、的中情報、スタッフブログなどを掲載します。
 
アプリダウンロード
Appstore
https://itunes.apple.com/jp/app/jing-ma-yu-xianggp/id514529424?mt=8
Googleplay
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mynavi.android.keibagp

 

f:id:riron0625sika:20170227171112p:plain

 

普段より先週のレース回顧の記事を参考にして頂き、ありがとうございます。
今週は中山記念の回顧を中心に、先週のレース回顧を行っていきますので、今後の予想の指針になればと思います。

(中山記念回顧)

 リアルスティールやアンビシャスなどの参戦で、大阪杯やドバイに向けても重要なレースとなった今年の中山記念。頭数こそ少ないものの、非常に豪華なメンバーが揃い注目のレースとなった。今回はそのレースについて上位の馬を中心に見ていきたい。

 その好メンバーの中で1番人気に支持されたのは昨年の同レースでドゥラメンテを追い詰めたアンビシャスで、2.3番人気は天皇賞(秋)で2着のリアルスティールマイルCSで2着に健闘したネオリアリズムであった。そして、1000m通過が61.7秒。緩いペースの割に縦長での競馬となったので、後方勢の馬にとっては厳しい競馬となった印象である。

 ネオリアリズムが勝利し、他馬を寄せ付けない見事な重賞制覇であった。道中はロスなく運び、スッと抜け出す素晴らしい騎乗。海外帰りと斤量57キロを物ともしない内容で、今後も先行力のある競馬には要注意と言えるだろう。マイル中距離問わない活躍が期待できる。一方で、2着のサクラアンプルールは斤量56キロと有力馬が休み明けの状況などに恵まれた印象で、決して評価できる2着ではない。今後この成績で過剰人気するようであれば、取り扱いに気を付けたい1頭である。

 一方で、人気のアンビシャスは4着。リアルスティールは8着に崩れてしまった。前者に関しては縦長になったのが不運な形で、マイネルミラノがスンナリとハナを取っていればまた違った結果になっただろう。また、後者はやはり右回りに不安があるので今後も左回りを中心に狙っていきたい1頭である。

 以上、上位馬を中心に取り上げて行ったが、基本的にはアンビシャスやリアルスティールなど負けた組も逆転の可能性がありそうで、ドバイや大阪杯ではまた違った結果になりそうである。ゆえに、過去のレースなどをもう一度洗いざらい見直し、G1や海外のレースで良い予想が出来るように工夫していきたい。

 

f:id:riron0625sika:20170227171136p:plain