読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【倉本匠馬・阪神大賞典展望】~サトノダイヤモンドやシュヴァルグランなど人気上位8頭の評価とは?~

f:id:riron0625sika:20170315175611j:plain

【競馬予想GP】
こちらは株式会社クラウズ運営の競馬予想販売サイト・アプリ『競馬予想GP』の公式ブログです。中央競馬だけでなく、地方競馬も網羅。今井雅宏や競馬予想TVお馴染みの高柳誠二など総勢20名以上の若手・ベテラン予想家たちによる予想を購入できます。こちらでは予想家やコラムの更新情報、的中情報、スタッフブログなどを掲載します。
 
アプリダウンロード
Appstore
https://itunes.apple.com/jp/app/jing-ma-yu-xianggp/id514529424?mt=8
Googleplay
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mynavi.android.keibagp

 

f:id:riron0625sika:20170315175619p:plain

こんばんは!
倉本匠馬です!

 

今週はいよいよ春の天皇賞に向けて重要なステップレースとなる阪神大賞典皐月賞のトライアルであるスプリングSが行われます。
4重賞全てが春のG1への大切な見極める場となるので、しっかりと見ていきたいと考えています。

 

そして、今回は阪神大賞典から8頭にピックアップし、現時点での評価付きで取り上げています。
また、木曜日には特別コラムを更新する予定ですので、よろしくお願いします。


阪神大賞典当日の想定馬場
→良馬場

②現時点における想定ペース
→スローペース


1.サトノダイヤモンド(ルメール騎手)
斤量:57キロ

 前走の有馬記念ジャパンカップを制したキタサンブラックをゴール前で差し切る見事な勝利で、2キロの斤量面に恩恵こそあったが素晴らしいグランプリ制覇であった。
また、菊花賞で3000mへの適性を証明しているように距離の融通性もある馬で、自在性のある競馬は魅力的である。
ゆえに、休み明けのここも勝ち負けを期待できる1頭で、春の大舞台に向けて幸先の良いスタートを切りたいところだ。

現時点での評価
C

 

2.シュヴァルグラン(福永騎手)
斤量:57キロ

 前走の有馬記念は外から早目に動く形も伸び切れない6着で、G1路線ではやや力不足を露呈する内容であった。
ただ、昨年の同レースで圧勝しているようにこの距離への適性を見せている馬で、阪神内回りへのコース替わりもプラスに働きそうである。
したがって、サトノダイヤモンド同様に本命最有力候補の1頭で、枠や展開、調子などを総合的に見た上で最終的な判断を下したい。

現時点での評価
C

 

3.スピリッツミノル(幸騎手)
斤量:56キロ

前走の小倉大賞典は前が相当早い流れの中における流れ込みで、内容自体は全くない8着であった。
また、2走前の万葉Sで今回出走するタマモベストプレイに惜敗しており、重賞路線で通用する力はない。
さらに、昔と違って馬がズブくなって来ている現状を踏まえても、無印評価で問題ない1頭だろう。

現時点での評価
E

 

4.タマモベストプレイ(吉田隼騎手)
斤量:56キロ

 前走の万葉SではダイヤモンドSで好走を見せたラブラドライト相手に着差以上に強い競馬を見せる勝利で、距離をごまかす好内容であった。
また、この距離ならばスンナリと先行できるタイプの馬で、今の阪神の馬場状態を考えれば先行できる脚質は評価できる。
したがって、相手候補の1頭には必ず取り上げたい馬で、場合によっては高い評価も検討したい。

現時点での評価
D

 

5.トウシンモンステラ(小崎騎手)
斤量:56キロ

 前走のダイヤモンドSは3600mの距離の中で終始外を回る競馬の中で4着に好走し、見所のあるレースであった。
ただ、2走前に大敗している結果から見ても安定感に欠けるタイプで、今の阪神の馬場状態もこの馬向きとは言えない。
以上のことを考えても、ここは無印評価で問題なさそうで、少頭数のここでも厳しい戦いとなりそうだ。

現時点での評価
E

 

6.トーセンバジル(四位騎手)
斤量:56キロ

 前走のジャパンカップは好メンバーが揃うメンツの中での11着で、正直言って力負けとしか言いようがない結果であった。
ただ、今回は相手関係が楽になる上に一変の可能性がある距離延長の舞台で、休み明けとは言えども侮れない存在になる。
ゆえに、単穴候補の1頭として検討したい馬で、前走の大敗以上に評価している。

現時点での評価
D

 

7.レーヴミストラル(川田騎手)
斤量:56キロ

 前走の京都記念は斤量58キロと長期休養明け、想像以上に悪い馬場状態に足を取られる10着で、決して力を出し切ったとは言い難い。
ただ、この馬は好走には様々な制約のある馬で安定感に欠けるタイプと言える。
さらに、前走同様に再度休み明けでのレースであることを考えると、ここも見送りの方向で予想したいと考えている。

現時点での評価
D

 

8.ワンアンドオンリー(武豊騎手)
斤量:57キロ

 前走のAJCCはロスなく運ぶ競馬での5着で、メンバーレベルを考えても決して評価できるとは言えない。
また、今回は3000mへの距離延長における舞台で、血統面や近走の走りを見ても決してプラスには働かない。
さらに、相手関係を考えても相当厳しい競馬となりそうで、武豊騎手への乗り替わりと言えども買いたい要素が現時点では見当たらないだろう。

現時点での評価
D

 

 今回も人気に支持されそうな馬を中心に8頭ピックアップした。
基本的にはサトノダイヤモンドシュヴァルグランの2強対決となりそうで、波乱になる可能性は極端に低い。
また、他に穴馬が少ないことを考えると、トーセンバジルやタマモベストプレイなどを上手く絡めて少ない点数で中波乱を乱を狙いたい。
阪神大賞典の予想は『主戦場後半レース』、『自信の4レース+重賞レース』で公開しますので、よろしくお願いします。

f:id:riron0625sika:20170315175640p:plain