読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【倉本匠馬・高松宮記念展望】~レッドファルクスやメラグラーナなど人気上位8頭の評価とは?~

 f:id:riron0625sika:20170320184142j:plain

【競馬予想GP】
こちらは株式会社クラウズ運営の競馬予想販売サイト・アプリ『競馬予想GP』の公式ブログです。中央競馬だけでなく、地方競馬も網羅。今井雅宏や競馬予想TVお馴染みの高柳誠二など総勢20名以上の若手・ベテラン予想家たちによる予想を購入できます。こちらでは予想家やコラムの更新情報、的中情報、スタッフブログなどを掲載します。
 
アプリダウンロード
Appstore
https://itunes.apple.com/jp/app/jing-ma-yu-xianggp/id514529424?mt=8
Googleplay
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mynavi.android.keibagp

 f:id:riron0625sika:20170320184157p:plain

こんばんは!
倉本匠馬です!

 

今週はいよいよ春のスプリント王者決定戦である高松宮記念が行われます。
ビッグアーサーダンスディレクターの回避により混戦模様必至の一戦で、波乱もあり得るレースとなりそうです。

 

そして、今回は高松宮記念から8頭にピックアップし、現時点での評価付きで取り上げています。
また、木曜日には特別コラムを更新する予定ですので、よろしくお願いします。

 


高松宮記念当日の想定馬場
→良馬場

②現時点における想定ペース
→ミドルペース

 


1.シュウジ(川田騎手)
斤量:57キロ

 前走の阪急杯は明確な原因のある敗戦で、完全に度外視可能な一戦であった。
また、昨年のスプリンターズSで4着に好走しているように得意のスプリント路線への距離短縮はプラスで、先行勢が少ないメンバー構成もプラスに働きそうである。
ゆえに、前走からの巻き返しの可能性が高そうで、枠や展開、馬場次第では要注意の1頭と言えるだろう。

現時点での評価
C

 

2.セイウンコウセイ(幸騎手)
斤量:57キロ

 前走のシルクロードSは斤量55キロと言えども外目を先行する中での2着で、一定の評価を与えることができる内容であった。
また、今の中京の馬場状態も合いそうなタイプで、スンナリと先行できれば簡単には止まらない渋とさがある。
ただ、一つ気になる点と言えば相性の良かった松田騎手からの乗り替わりにおけるG1なので、その辺りがどこまで影響を与えるかが焦点となりそうだ。

現時点での評価
C

 

3.ソルヴェイグ(田辺騎手)
斤量:55キロ

 前走のシルクロードSは不慣れな逃げの影響や得意なレースにならなかった事を考えると度外視可能で、決して力負けによる敗戦ではなかった。
また、昨年のスプリンターズSで内に閉じ込められながら3着に好走した点を見ても、展開さえ向けばG1でも通用する逸材である。
ゆえに、前走の敗戦で人気を落とすようであれば要注意の1頭で、叩いた上積みを考えても侮れない存在となりそうだ。

現時点での評価
C

 

4.トーキングドラム(藤岡康騎手)
斤量:57キロ

 前走の阪急杯は一か八かのイン突きがハマる勝利で、有力馬がそれぞれ自滅する結果にも助けられた印象がある。
また、1200mへの距離短縮に関してもイメージが湧かない馬で、高齢でのG1初挑戦を考えても相当厳しい戦いとなりそうである。
さらに、有力馬が叩いて状態を上げてきている事を考慮しても、ここは評価を落としたい1頭である。

現時点での評価
D

 

5.フィエロ(内田博騎手)
斤量:57キロ

 前走の京都金杯は斤量57.5キロの厳しい条件を考えると悪くない内容で、重賞路線であれば馬券に絡む力がある。
ただ、今回は休み明けぶっつけにおけるG1挑戦で、初の1200mがG1を考えると相当なハンデがあると言える。
そうは言っても、距離短縮における未知の魅力などもあるので、相手候補の1頭としては取り上げておきたい馬である。

現時点での評価
D

 

6.メラグラーナ(戸崎騎手)
斤量:55キロ

 前走のオーシャンSは展開や馬場状態に恵まれる勝利で、最高の競馬における重賞制覇であった。
ただ、今回は相手関係が相当厳しくなる上に、今の馬場状態は決してプラスとは言えずG1路線ではやや荷が重い印象である。
したがって、過剰人気タイプである事を考えても評価を下げたい1頭で、掲示板にも絡めない可能性もあるだろう。

現時点での評価
D

 

7.レッツゴードンキ(岩田騎手)
斤量:55キロ

 前走の京都牝馬ステークスは外枠を最大限に生かす競馬での圧勝で、他馬を突き放す見事な重賞制覇であった。
ただ、昨年の高松宮記念スプリンターズSを見ても牡馬が混じったG1で勝ち切るにはワンパンチ足りない印象で、ゲート難にも不安が残る。
ゆえに、もちろん相手候補の1頭には取り上げたいものの、展開や馬場状態などに左右されそうである。

現時点での評価
D

 

8.レッドファルクス(Mデムーロ騎手)
斤量:57キロ

 前走の香港スプリントは香港の特殊な競馬や揉まれるタフなレース運びなど厳しい競馬を強いられる大敗で、決して力を出し切っての敗戦ではない。
また、昨年のスプリンターズSの内容を見ても、今の相手関係ならば横綱相撲で押し切る力もある。
ただ、やはり気になる点と言えば海外帰りの3ヶ月半の休養明けによるレースなので、体調面に注視した上で最終的な評価を決めたい。

現時点での評価
C

 

 今回も人気に支持されそうな馬を中心に8頭ピックアップした。
実力比較するだけでも非常に混戦模様必至のレースで、さらに今週からBコースに替わり馬場状態や週半ばの天気、土日の天候など様々な要因がレースに影響を与えそうである。
また、レッドファルクスやメラグラーナには明確な弱点がある為、軸選定に頭を悩ます一戦が予想されるので穴目の予想で高配当を狙いたい。


高松宮記念の予想は『主戦場後半レース』、『自信の4レース+重賞レース』で公開しますので、よろしくお願いします。

f:id:riron0625sika:20170320184210p:plain